迷惑なツイートを止めよう!Twitter連携アプリの解除方法を写真つきで解説

      2017/06/19

Sponsored Link

こんにちは、でんでんです。

未だに「Twitter乗っ取り」の解消法として多くの方にシェアしていただいてるので、2016/11/23に更新 2017/6/19に再更新しました。

「アカウント乗っ取りだー!スパムだー!」と騒ぐ前に、スパムと連携解除する方法を試してみましょう。早とちりしてアカウント捨てちゃうのは、もったいないですよー!

どうして変なツイートが勝手に行われるようになるのか

まず、仕組みを理解してください。

「アプリ連携」という機能

Twitterには、アプリと連携する機能があります。

本来、Twitter公式ウェブサイトからログインしてTwitterを使うんですが、Twitterアカウントのユーザー名やパスワードで認証を行うと、Twitterと連携して使えるアプリがあるんです。

ほとんどの人が使っている公式アプリもその認証機能を使っています。

Twitterアプリケーション認証画面

たとえばこういう画面見たことないですか?

ここでIDとパスワードを打ち込んで認証すると、そのアプリが自分のアカウントにログインして、色々と操作できるようになってしまいます。

上の画像でも「このアプリケーションは次のことができます」という項目が見えますね。認証してしまうと、ここに書かれていることが、このアプリでできてしまいます。

だから、信頼できるアプリ以外を認証してしまうと自分のアカウントで勝手にツイートされたり、変なツイートがリツイートされたり、最悪の場合、アカウント情報を盗まれて、パスワードを勝手に変えられてしまったりして使えなくなってしまいます。

解除の仕方は?

では本題の「Twitterのアプリ連携解除方法」を説明していきます。

残念ながら、公式アプリではこの操作ができません。面倒ですがSafariやGoogle ChromeなどのブラウザからTwitterを開く必要があります。

PCが手元にない、なんて時はスマホからでも大丈夫!スマホでPCサイトを表示することもできます。

スマホからPCサイトを見る方法

手順1:ブラウザからTwitterにアクセス

まずは、Twitterのログイン画面に進みましょう。もし、別のアカウントでログインしていた場合は一旦ログアウトして、連携解除したいアカウントでログインしてくださいね!

すでに目的のアカウントでログイン済みの方は「手順2」からいきましょう。

Twitterログイン画面

Sponsored Link

 

※この記事では、Macの標準ブラウザ「Safari」の画面を使って説明します

手順2:右上のアイコン→「設定」

右上のツイートボタン横に、自分のアイコンが表示されるので、そこを押して「設定」と進みましょう

 

Twitterタイムライン

手順3:「アプリ連携」を選択

左サイドバーの下の方に「アプリ連携」という設定項目がありますので、そこを押しましょう。すると、現在自分のアカウントに連携されているアプリ一覧が表示されます。

 

左サイドバーから「連携アプリ」を選択

手順4:「許可を取り消す」ボタンで連携解除

 

怪しい、というか用のないアプリは「許可を取り消す」から連携解除しましょう!

※アクセス権が「読み書き」となっているものには要注意!!

怪しいアプリは「許可を取り消す」

これで勝手に変なツイートがされることはなくなるはず。「Twitter for ○○」って感じの名前のやつは公式アプリなので解除しなくて大丈夫ですよ。

ちなみに、もし間違って必要なアプリを解除しちゃったときは、ページを閉じたり、更新したり移動したりせず、焦らずに「許可の取り消しを止める」というのを押してくださいね!

慌てず焦らず「許可の取り消しを止める」

よかったらこの記事をもっともっと拡散して、同じように困っている人たちに届けてくださいね〜。

ではまた。

 

Sponsored Link

 - SNS, アプリ ,