大雨による災害・・・募金のご協力をお願いします

Sponsored Link

どうも、Kotaです。

7月に入ってから、日本各地で歴史的豪雨を記録して、大雨や洪水など、甚大な被害をもたらしていますが・・・あなたのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?

僕は京都に住んでいますが、ちょうど桂川や鴨川の増水で大変なことになっている地域もあったり、家から数分歩いたところでは側溝の水が溢れて道路が冠水して、地面が見えないくらいになっていたりで、僕自身も身の危険を感じるほどでした。

少し前には大阪で大きな地震があったりと、いつどんな災害が起こるかもわからず、いざという時の備えがどれだけ大事かを思い知らされます。

大雨災害の募金にご協力を!

僕には被災地域を救えるような莫大なお金もなければ、多数の人々を動員して復興に当たるだけの影響力もありません。

僕にできることは、少しの募金と、自分の持っている媒体(ブログやSNS)を使って、少しでも多くの人に募金を呼びかけることだけです。

ですので、募金活動を行っているこちらのページを紹介します。ぜひ、募金のご協力をお願いいたします。

平成30年7月梅雨前線等による大雨被害緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

生活費から捻出しなくても、財布に残っている小銭の分だけでも構いません。ほんの僅か、貯めているTポイントの一部でも、ワンコインでも、気持ち程度で良いのです。

あなたがたとえワンコインの募金をしたところで、劇的に復興が進んだり、何か大きな変化をもたらされる訳ではありませんが、こういう時に見返りを求めず、少しでも人の役に立つなら、と募金をしてくれる人が10人、20人・・・100人と集まることで大きな力になります。

100円から募金ができるので、おにぎり1個買ったと思って、コーヒー1杯飲んだと思って、協力してもらえると嬉しいです。

やらない善よりやる偽善

僕がこういう時にいつも考えることですが、募金をしたからといって、誰からも何ももらえませんし何の見返りもありません。中には「自分の名誉のためにやってる偽善者みたいでかっこ悪い」と思われる方もいるかもしれません。

でも、どういう意図で募金をしたとしても、お金はお金。そのお金は復興のために使われますし、どこかで誰かの役に立つんです。たとえ自分の名誉や見栄で募金をしたとしても、募金をしない人よりは圧倒的に人の役に立てますし、被災地にとってはたとえ偽善でもお金はありがたいものです。

また、見返りを求めない行為だからこそ、あなたの人間性は磨かれます。目には見えませんが、そういう人は人徳が積まれて心が豊かになりますし「心の豊かさを買うのだ」という意識でぜひ募金してみてほしいです。

今回被災されなかった方も、これから先いつどんな災害に巻き込まれるかはわかりません。明日は我が身、です。そういう災害に見舞われた時に、自分たちは何を思うか?「早く復興してほしい」と思うはずです!ぜひ自分がしてほしいことを他人にも積極的にしてあげてください!

募金以外でできること

もちろん、あなたにできることは募金をすることだけではありません。かといって、何も大層なことをする必要もありません。

もし、お小遣いや家計の関係で、募金をするほどの余裕はない、という場合。この記事や、この記事で紹介している募金ページを自分のSNSなどで拡散して、あなたの周りの人に募金を促すことで、そのレバレッジは何倍にも膨らみます。

一人が募金して終わり、ではなく、その周りの友達や家族、親戚にも声をかけることで、1の力は10にも100にも化けますから、ぜひ拡散して、より多くの人に募金を呼びかけてください。

被災地域が少しでも早く復興することをお祈りします。

平成30年7月梅雨前線等による大雨被害緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

ではでは!

Sponsored Link

拡散してもらえると喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です