【レビュー】Apple Watch Series2 を3ヶ月くらい使ってみた感想

   

Sponsored Link

どうも、でんでんです。欲しくて欲しくてしょうがなかったApple Watch Series2を手に入れて、はや3ヶ月。世間ではあまり評判のよろしくないApple Watchですが、実際のところどうなんでしょうか?

腕時計ということもあって、長いこと身につけておくものなので、使い始めてからある程度期間が経ってから記事にしようと思っていました。

今回は、Apple Watch購入からまもなく3ヶ月ということで、今まで使ってきた率直な感想を交えながらレビューしていきます。
あ、あと、Apple Watch Series2っていちいち書くのも面倒なので、「Apple Watch」と表記しますが、Series2に関するレビューなのであしからず。
なお、AndroidではなくiPhoneユーザーに向けての記事になっているので、Androidユーザーには参考にならないと思います(というかAndroidユーザーにはあまりオススメできません)。

Apple Watchって?

名前の通り、あのAppleが出している腕時計です。Apple製というだけあって、ほかのApple製品との連携に優れていて、正直、他社のスマートウォッチとは比較の対象じゃないです。

Apple Watch?iWatchじゃなくて?

よく「あ、それってiWatchですよね!」って言われます。発売前に、「AppleからiWatchっていう腕時計が出るらしいぜ」なんていう噂が立っていたからか、iPhoneやiPadという風に商品名の最初に"i"がつくものが多いからか、よく商品名を勘違いしてる人がいます(笑)
まあ、特に訂正するほどでもないや、と思って「そうですよ〜」って答えますが、この機会に名前も覚えてあげてください。Apple Watchです。

実はApple Watchを買う以前にも、スマートウォッチ自体に憧れていて、いくつか他社のスマートウォッチを試してみたことがあるんですよね。ただ、レビューするほどでもなくザコすぎたので、すぐにやめました。←偏見です、すみません

やっぱりAppleで揃えるべきだな〜、って思って、結局Apple Watchに立ち戻ったわけですが、いざ使ってみるとやっぱりApple Watchでよかった。

規格とかそういう製品のデータ的なものは、公式サイトとかそこら中に書いてあると思うので、あえて書く必要はないと思います。僕の体感を踏まえて、Apple Watchの良さについて語ってみます。

規格とかそういうのはApple Watch公式ページを見てください

Apple Watchでできること

やっぱり、一番気になるのは機能面ですよね。ってことで、Apple Watchで何ができるかを書いていきたいんですが、ただ、全機能を列挙するとキリがないので、僕が気に入っている機能を主に取り上げます。

Point1:iPhoneとの連携が素晴らしい

Apple Watchの良さは、iPhoneとの連携の良さを抜きに語れません。それまでiPhoneを取り出して操作をしていたことが、結構腕の上だけで実現可能だったりします。

通知を受け取れる

例えば、職場の人から仕事の連絡が来たとき、iPhoneが「ブーッ」と鳴って、それに気づくとカバンやポケットからiPhoneを取り出し、画面を見なければいけませんよね。
そのステップが、Apple Watchを身につけておくことでかなり省略されます。

まず、何かの連絡を受ける。そしたらApple Watchが音と振動で知らせてくれるので、腕を上げて内容を確認するだけ。

iPhoneがブーッと鳴っても、その時には気づかずに、次にiPhoneを開くときまで放置、ということもよくありますが、Apple Watchであれば、腕にくっついた状態で振動してくれるから、通知に気づかないなんてことはまずありません。

さらに便利なのが、iPhoneで鳴り響く通知を全て受け取るだけじゃなく、アプリごとに設定できるので、「LINEの通知は受け取る」「Twitterの通知は受け取らない」って感じで選別することが可能です。

アプリによっては通知からアクションを起こせる

この機能めちゃ凄いですよ。LINEのメッセージとかよく受けるので通知オンにしているんですが、まずは届いたらこんな風にメッセージを読むことができます。

AppleWatchでLINEの通知を受け取る-1

で、それだけじゃなく、ここからiPhoneを使わなくても返信したり、操作ができるんですよね。
この画面を下にスクロールすると…

AppleWatchでLINEの通知を受け取る-2

この中から選ぶことができます。

例えば「こんにちは」って返信したい場合は、返信ボタンをタップして「こんにちは」って話すと、音声を認識して、それを送り返してくれます。仕事の連絡で「了解しました」くらいの一言を返したい時には超便利ですよね。
もっとも、電車の中とか公共の場でメッセージを受けて、腕時計に話しかけているのは周りからちょっと変な人に見えますが。笑

あとは、スタンプもLINEのデフォルトのものであれば送ることができるし、通知オフにできるのもすごくいいです。
自分が参加しているグループLINEが結構荒れていて、「それどころじゃないんだよな」って時には、通知オフのボタンを押すだけで煩わしい通知が全部カットできます。

ただ、LINEの話ばかりで申し訳ないんですが、Apple Watch用のLINEアプリは未読メッセージを読む専用なので、既読をつけたトークについてはiPhoneからアクセスしなきゃいけないし、来たメッセージへの返信ではなく自分から送りたい場合はiPhoneのLINEを開く必要があります。

通話も受けられる

これも僕としては結構メリット大きいです。普通の音声通話の着信をApple Watchがお知らせしてくれて、そのままワンタップで電話に出ることができます。iPhoneに触れる必要すらないんです。

ただ、これはあらかじめBluetoothのイヤフォンとペアリングしておかないと、時計から相手の声が聞こえて来て、自分も時計に語りかける、みたいな、周りから見ておかしなことになってしまいます笑

それから、後で書こうと思っていたんですが、Apple Watchでは音楽を流すこともできるので、Bluetoothのイヤフォンとペアリングしていれば、音楽を聴きながら出歩き、着信があればすぐに受けられて、しかも通話しながら自分の方だけに音楽を流すこともできるんです!相手とのんびり会話しながらBGMを流せるって、最高じゃないですか。(iPhoneで電話している時でも音楽流すのは可能です。また、もちろん通話はデータ通信ができるiPhoneがないとできませんよ。)

iPhoneが見つからない時、呼び出せる

iPhoneとの連携についての続きですが、iPhoneがどこにあるかわからない時、電話をかけてもらったりしなくても、Apple Watchから呼び出すことができます。

コントロールセンターにアクセス
iPhoneを呼び出す

僕の実家は3階建てで、3階に自分の部屋があるので、朝家を出る準備をする時間帯になると、3階の部屋と1階の洗面所、お風呂場を行ったり来たりします。
で、家を出る時になると「あれ〜、iPhoneどこへやったっけな…」ってことが結構あるんですけど、そんな時に超便利です。ちなみに、結構音はでかいので、間違って鳴らさないように注意が必要です。

とまあ、こんな感じでiPhoneとの連携にいかに優れているかわかってもらえたと思います。まだまだ色々あるんですけど、書き出すとキリがないんですよね。。

Point2:防水性能

Series1では「耐水」だったんですが、Series2では防水性能を備えています。
公式情報によると、水深50メートルくらいまで耐えられるみたいですが、まあ僕は50メートルも潜る前に窒息して死ぬと思うので、僕が死んでもApple Watchは生き続ける、ってことです。笑

僕はだいたいいつもApple Watchと一緒にお風呂に入りますが、それで不具合が起こったことはないので、日常生活をする上で、まず「水没」ってことはあり得ないでしょう。アクティビティ(活動記録機能)の中には「スイミング」という項目もあるくらいですから。

ただ、Apple Watchにはスピーカーがあって、そこだけはどうしても塞ぐことができないので、水に濡れる前に防水モードにしてやる必要があるみたいです。

コントロールセンターにアクセス
防水モード

で、何がすごいって、水からあがって防水モードを解除する時、スピーカーに詰まった水を音の振動で弾き出しちゃうんですよ。

Apple Watchの側面についている、回せるツマミのことを"Digital crown"(デジタルクラウン)っていうんですけど、それをクルッと回してやると、「プープープープー…」ってスピーカーから音が出て、スピーカーの穴から水が排水されます。
初めてやってみた時、想像以上の排水機能にビビりました。。

ちなみに、防水モードにするのを忘れてお風呂に浸かっちゃったことが何回かあるんですが、特に壊れることはありませんでした(笑)多分良くないとは思いますが。

Point3:音楽を持ち運べる

これもほんとすごいです。自分のiPhoneに入れているiTunesの楽曲を、Apple Watchに入れることができます。
やり方は超簡単。Watchアプリの「ミュージック」から、好きなプレイリストをApple Watchに同期させるだけです。

Watcアプリを選ぶ
下にスクロール
ミュージックを選ぶ
同期されたミュージック
プレイリストを選ぶ

ただ、Apple Watchに同期できるのは、

  • 最大1GBまで
  • 1つのプレイリストのみ

なので、Apple Watch用のプレイリストを作っておくのがオススメです。

…あれ、なんかハウツー系の記事になりつつあるwまあいいや。

iPhoneを持たなくても音楽を聴ける

これがどうしてすごいかというと、今まではiPhoneとかiPodの中に曲を入れて聴くのが普通だったんですが、もうそのデバイスすら要らないってことなんですよ。

いくらiPhoneがスマートなフォンとはいえ、やっぱり手に持っておくと煩わしいし、いちいちロックを解除して、ミュージックアプリを起動して、自分の好きな音楽を探して…ってやるの、毎回やってると結構面倒なんですよね。
その点、Apple Watchなら、一つのプレイリストに限られた曲だけを入れているので探す手間が省けるし、そもそもiPhoneを取り出す手間もない。ホーム画面にミュージックを配置しておけば、ワンタップでミュージックにアクセスすることができるんです。

ホーム画面からミュージックを選ぶ
一発でミュージック画面に遷移

ちなみに、Apple Watchの購入を検討しているのであれば、Bluetoothのイヤフォンを併せて買った方がいいです。その方が絶対に機能を活かせるので。
で、その2点セットさえ持っていれば、ランニングとかウォーキングでめちゃくちゃ重宝しますよ。

Point3:健康管理ができる

Apple Watchは買った後、充電以外ほとんど肌身離さずつけておくものなので、自分の体の動きを全て記録しておいてくれます。

今日はどれくらい歩いたか、走ったか、睡眠時間、スポーツで消費したカロリーなどなど、自分の健康管理をする上でかなり便利だと思います。

Sponsored Link

それから、もう何度も言いましたが、スポーツと音楽の組み合わせは最強すぎる。最強最強最強。

Point4:Apple Payが使える

「Apple Payなんて、まだほとんど普及してないでしょ?」と侮るなかれ。コンビニの買い物も、電車も、自販機すらもApple Payに対応しているものが増えてきています。

僕は日常的に使う決済方法が、結構Apple Payで事足りることが多かったので、もはや財布が要らないということに衝撃でした。

クレジットカードを登録できる

Apple Payでは、対応しているクレジットカードを登録しておけば、Apple Pay対応の店で買い物や食事をした際、読み取り機に「ピッ」とかざすだけで決済完了。後は、クレジット会社から請求があるので、その場で現金を出す必要がありません。

ただ、今のところ対応しているクレジットカードが少なくて、それを持っていないと残念ながらその恩恵は受けられません…。
そして僕自身も、対応しているカードを持っていないので、ここの使い勝手はレビューできません…。

でも、Apple Payではクレジットカード以外の支払い方法もあるんです。

僕が使っているのはモバイルSuica

SuicaはICOCAの関東バージョンみたいなもので、「交通系電子マネー」と言われるやつです。でも、たかが交通系、ってナメちゃいけません。

僕は京都住みなので、全くSuicaのエリアにかすりもしないんですけど、基本的にはICOCAが使えるところでショッピングとか電車、バスの運賃とかに使えます。

特に、京都市バスがICOCAに対応しているので、めっちゃ便利です。均一区間とか、230円という結構中途半端な金額なので、降りるときに両替してお金入れて…ってのが超面倒なわけですが、事前にSuicaにチャージしておけば、バスを降りるときに読み取り機にかざすだけです。
京都市バスで使えるのは、ヘビーユーザーからするとマジで助かりますよ。

そして何より、Apple Pay自体に登録できるクレジットカードは結構限られるんですけど、モバイルSuicaにチャージするのは、クレジットカードやデビットカードなど、結構幅広いカードに対応しています。
つまり、Apple PayにモバイルSuicaを登録し、そのモバイルSuicaのチャージにクレジットカードを登録することで、実質クレジットカードを使ってApple Payを使えるような状態になるんですよね。

僕もその方法を使っていますが、モバイルSuicaにチャージするのはiPhoneのSuicaアプリから簡単にできるので超便利です。

Point5:Siriを使いこなすとさらに便利

iPhone時代にもよくお世話になったSiriちゃんですが、Apple Watchでもかなり優秀なアシスタントとして仕事をしてくれます。

Siriを呼び出すのは簡単。腕を持ち上げて画面を表示させて、"Hey, Siri."と呼びかけるだけ。

そしたらSiriが起動するので、用件を話すと対応してくれるんです。

迷いようがない道案内

Siriちゃんに道案内を頼む際、「Hey, Siri. 〇〇まで案内して。」と言えば、そこまでのルートを表示してくれて、距離や所要時間など、必要な情報を画面上に表示してくれます。
しかもカーナビみたいに、自分が動くにつれてどんどん進めてくれるので、どこでどっちに曲がればいいか、方向音痴でもわかります(僕が方向音痴なのですが、この道案内で迷ったことがありません)。

あと、目的地が結構複雑な名称だったり、具体的な住所だったり、声ではなく手で入力したい、って時は、iPhoneのデフォルトのマップアプリで目的地と移動手段(徒歩、車など)を指定してあげて案内開始すると、その後はiPhoneを閉じてもApple Watchのアプリで案内をしてくれるので、そこも連携がすごいです。

音楽をかけてもらう

Siriに頼むことで、音楽もかけてもらえます。

まあ僕の場合は、ホーム画面に「ミュージック」のショートカットボタンを常駐させているので、Siriにお願いしなくても簡単に好きな音楽がかけられるしこれは使いません(笑)

Point6:Macのロックを解除できる

これも、Macユーザーであればかなり便利な点ですね。Apple Watchを腕に装着した(ロック解除した)状態で近づき、Macを開くと、いちいちパスワードを入力しなくても、Apple Watchが勝手にロック解除してくれます。

ただ、これに関しては僕も非常に困ってるんですが、10回中9回くらい失敗します。汗
ペアリングをやり直すなど、ネットで転がっている解決法をことごとく試したつもりなんですが、どうしても改善されず。どうしようかと思いながらも、未だ解決には至っていません。

なので、僕としてはこの恩恵はあまり受けられてないので強くオススメできるポイントではありません…。同じ症状に陥ったことがあって解決法を知っている方は教えて欲しいくらいです。

Apple Watchの残念な点

さて、かなりの分量を「Apple Watchがいかに優れているか」について割いてきたわけですが、もちろん残念な点というのもあることにはあります。

ロック解除時の暗証番号が少し打ちにくい

Apple Watchにももちろんロック機能がついていて、腕につけている間はずっとロック解除状態なんですが、腕から外すと自動でロックがかかり、パスコードを打ち込むことで解除されるような仕様になっています。

パスコード入力画面

だから、例えば充電した後、腕に装着するとパスコードを入力する必要があるんですが、テンキーが小さいのか、自分の指が太いのか、それがちょっと打ちにくい。

Apple Watchにはフェイス(画面)のサイズが2通りあって、僕は腕が細すぎるために小さい方にしたのである程度仕方ないと思いますが、小さいサイズだと少し打ちづらいな〜って感じです。
使っていないのでなんとも言えませんが、大きいサイズだとあまり気にならないと思います(ただ、女性の方は基本的に小さい方がオススメです)。

Macのロック解除が大抵失敗する

さっきも書きましたが、やっぱりこれは不便です。利便性を求めすぎなだけなので、あまり文句は言いませんが、でもやはり、機能として公式に挙げているのであれば、今後改善していって欲しいところではあります。まあ、今は別のアプリを購入してiPhoneでMacをロック解除しているのでいいんですが。

原因がまだわからず、未解決事件のままなので、またこれについても原因の特定とか改善する方法が見つかれば記事にすることにします。

ブランドとの提携

Apple Watchにもいくつかモデルがあるんですが、その中には超有名ブランドと提携しているものがあります。
Appleにしては珍しく、高級路線に走っているんですよね。

個人的には、Appleの強みは「シンプルかつスタイリッシュなデザインで、なおかつ機能を果たす」というところにあると思っているので、正直この高級路線には疑問なんですが、それでも24時間身につける時計。なるだけオシャレで高機能なApple Watchを身につけたい、というユーザーも多いだろうし、まあ良いのかな、とも思います(ただ、最近はまた独自路線に立ち戻りつつあるようです)。

提携している主なブランド

結構有名な(高級ブランドには疎い僕でも一部知っているような)ブランドが多く、やはり好んで購入する人も一定数いるようです。
以下、提携している主要なブランドです。

  • HERMES
  • COACH
  • sacai
  • HEAD PORTER
  • ANREALAGE
  • UNDERCOVER

ブランドのことはよくわからないので、あまり知ったかぶりせずに、ボロが出ないうちにやめておきます(笑)

Apple Watchを使うのに向いている人

最後に、3ヶ月くらい使ってみた僕の独断と偏見で、Apple Watchを使うのに向いていると思われる人を挙げておきます。

iPhoneやMacなど、Apple製品の愛用者

別のApple製品を愛用している人にはぜひおすすめしたいです。やはりなんと言ってもApple製品同士の相性がかなり良いので、生活がかなり便利になって、生産性が跳ね上がります。

公共交通機関をよく使う人

電車やバスによく乗る人も、Apple Watchを身につけることでかなり便利で快適になります。

券売機が混んでいたり、電車に乗り遅れそうなギリギリの時間に駅に着いた時など、腕を改札の読み取り機に当てるだけで通過できるんです。

それからバスに乗るとなると、財布を出すだけでも面倒なのに、両替が必要になったら後ろの人を待たせてしまうので気が気じゃないです。両替で時間かかるから、他の降りる人に先を譲って列の最後尾に並んだり、結構気を遣うんですよね。
Apple Watchならそのストレスが一切なく、前もってiPhoneからチャージさえ行っておけば「ピッ」で終わりです。

忙しい人

忙しい人って、わざわざiPhoneを開く手間が結構面倒だったりするし、そもそも日常生活であまりiPhoneを開こうとも思わないんですよね。
だから、どうしても気づきたい通知だけはApple Watchで受けられるようにしておいて、グッと仕事に集中することができます。

あとは仕事上連絡が多くて、電話に出たり素早いレスを求められるような人にもすごくオススメできますね。

スポーツが好きな人

スポーツが好きな人なら、ぜひApple Watchを使ってトレーニング記録をつけていってください。NIKEブランドのApple Watchもありますし、iPhoneやWatchアプリでスポーツアプリもたくさんあるので、それと併用することで本格的にアクティビティを管理することができますよ。

僕はあまりスポーツをしない方なのでガッツリそういう使い方をしてきたわけじゃないですが、中学以来のランニングを再開しようかと思っているので、そうなったらぜひ使ってみたいです。

Apple信者

おそらくApple信者は僕の記事なんて最後まで読みません(笑)こんなものを読むまでもなく、購入ボタンを押していると思います。

Apple信者ってのは「Appleだから買う」って感じの人ですよね。良さがどうとかスペックがどうとか、そんなんじゃなくて、Appleが出しているから買うんです。僕はこのパターンで買ってしまった節があるんですが、それでもデザイン、機能性含め大満足です。

購入する際の注意点:取り返しがつかない要素

購入時の注意点ですが、Apple Watchの本体には種類があって、

  • アルミニウム
  • ステンレス
  • セラミック(一部のみ)

と、材質が全然違います。あと、画面に使われている材質も違うんですが、断然ステンレス製がオススメです。画面も割れにくく傷つきにくい素材なので。価格差はそれなりにありますが、後々のことを考えるとその差額を払う価値は大いにあると思います!

アルミ素材の方を選んで画面や本体に傷がついてしまっても、こればかりは取り返しがつきません。ここはしっかりお金をかけましょう。

あ、ちなみに、ステンレス製の方を選ぶと、画面に使われている素材は、ダイヤモンドの次に硬いとされているサファイアクリスタルです。僕も今までに何度か軽く壁にぶつけたり、歩いている時に「ガリッ」ってやってしまった経験があるんですが、1ミリも傷がつきませんでした。画面保護シートとかいらないですよ。

最後に:購入を検討している人へ

僕は完全に、Appleが出している製品への圧倒的信頼というか、Apple製品を使いたくて半ば衝動買いをしてしまったわけですが、それでも人にオススメできる理由は語れば語るだけ出てきます(まだ語り足りないです笑)。

自分の性格上、心からオススメできない商品を人に売ったり、あまり魅力を感じられないものを人に勧めたりすることは心底嫌なんですが、Apple Watchに関していえば人によってはめちゃくちゃオススメできるものなので、レビュー記事なんて滅多に書かない(書けない)なりに書いてみました。

とはいえ、販売ページを覗いてみるとわかる通り、価格帯も決して安くないし、お試し感覚で購入できるような金額ではないですよね。

僕はあなたが納得して購入できるように、他に欲しい情報があるなら加筆修正するつもりです。何について聞きたいかをコメント or メールでいただければ、すぐ対応するのでメッセージお願いします。

Apple Watchの公式ページ

僕はAppleの公式サイトが好きでよく眺めているんですが、見ているだけで結構テンション上がってきて欲しくなってきます。笑
Apple Watchの公式ページもぜひ覗いてみてください。

Sponsored Link

 - Apple , ,