自分の過去のツイートをすべて見る方法

Sponsored Link

たまに、Twitterで自分の過去のツイートを見返したくなるとき、ありますよね。

僕も最初のツイートから読み直そうと思ったことがあって、自分のツイートを果てしなく遡ってみたことがあります。が、数千ほど遡ったらそれ以上遡れない…。

もちろん自分のツイートが消えているわけではありませんよ。

Twitterには過去の履歴は残っていますが、重くなってしまうからある程度のところまでしか見れない、ってことなんでしょうね。

でも、全部残ってるって言ったって、見れないんじゃ意味ないじゃないか!!

確かにその通り。ちゃんと全部見る方法ならありますよ。

全ツイート履歴をリクエストする方法

1.Twitterにアクセス

PCからアクセスする必要があります。PCを用意してやってみてください。

 

2.自分のアイコンをクリック→「設定」

PC版Twitterにアクセス

 

3.「ユーザー情報」

設定の項目から「ユーザー情報」を選ぼう

ちなみに、黒く塗りつぶしているところに自分の登録したメールアドレスが書いてあります。

このアドレスにダウンロード用のリンクが送られてくるので、自分が使ってるアドレスに設定を変えておきましょう。

 

4.「全ツイート履歴をリクエストする」

ちょっとめんどくさいけど、ツイート履歴をリクエストしましょう

↓こんな画面が表示されれば完了。

全ツイート履歴のリクエストが完了

リクエストしたツイート履歴を見てみる

この後、Twitterに登録しているメールアドレスに、ツイート履歴をダウンロードするリンクが貼られたメールが送られてきます。

Twitterからメールが送られる

このリンクをクリックして、ダウンロードページに進んでください。

zip形式でダウンロードされるので解凍して、中身を開けてみてください。結構いろんなファイルが入ってます。

僕は、”index.html”っていうhtml形式のファイルで見ることをおすすめしますね。

普段使ってるブラウザで見れるし、使いやすいです。もちろんオフラインで見ることができますよ。

HTMLファイルを開くと、自分の全ツイート履歴が表示される

こんな感じで見やすいです。右にあるグラフをクリックして、月ごとにツイートが見ることができます。

自分の過去のツイートを眺めるのって、なかなか楽しいですよ。

アカウントを消す前にツイート内容を保存しておきたい、というときにもおすすめです。

Sponsored Link